ブログトップ

小林ユミヲのニッキ

yumio7.exblog.jp

ひとり戦

6話原稿アップしました。
〆切おくれてしまってすいません。
作画のときはいつも、鍋の底に焦げついてこびりついた
コゲとそれに30%くらいくっついている
コゲになりきれず煮詰まっちゃったルーみたいな気持ちなのですが
今回はそれがひどくて、あーびっくり。
でもこの半焦げのルー、ちょっと美味しいんだよね。
今回はそんな浮き沈みの激しいひとり戦でした。
でそのあと月のモノがもれなくいらしたわけなんだけど
今回無自覚であれっ?
そんくらい煮詰まっとったんですな。

話は前後しますが.....。
昨日土曜日新宿に友達のライブを見に行ったんだけど
いつもならいくらいてもへーきなライブハウス。
なのに湿気に頭痛と吐き気をもよおし
こりゃたまらんと思い外へ。
うちのドラムのよっちゃんの彼女・ゆうこちゃんの肩を抱いて
夜の新宿をお散歩してました。
2丁目の街は、ごちゃごちゃして半端に汚くて、でもカラッとしてて
人々もおかまい無しに騒いでいて、とっても居心地よかったよ。

しかしこの月のモノ、いくつになってもうまくつき合う事が
できませんがな。
a0128830_23261562.jpg

そうそう先日の話。
うちの団地のエレベーターに乗った。
したら先に乗ってたおばちゃんがいきなり
「あ〜いい匂い!」って言ったの。
その他に人間といったらわたししかいなかったので
「はい?」と振り向いたら
「あなたとってもいい匂いがするの!
なにかしら!ストロベリー?↑↑っていうか!」
ストロベリー?
たしかに朝食べたよとちおとめ。
でも食ったとはいえ、毛穴から匂うのか?
それとも無意識にスカしたのか?
未だ原因は不明です。
[PR]
by kobayashiyumio | 2010-03-22 00:35 | 日々 | Comments(0)
<< ままならんね もちもち大根餅 >>