ブログトップ

小林ユミヲのニッキ

yumio7.exblog.jp

カルチョッフィ

a0128830_21283354.jpg

↑真ん中にあるつぼみみたいのが
今回のレシピ『カルチョッフィ丼』のカルチョッフィです。
別名:アーティチョーク・朝鮮あざみ。
三浦産。
a0128830_21293059.jpg

↑コレも同じく。三浦産です。
上の写真のはすかなごっそで。
下の写真は高梨農場さん。
(行きつけのダイニングバー・Waka Bangさんからの頂き物)

あ、カルチョッフィとはイタリア語です。
今回ローマ在住の友達に教えてもらったレシピなので
そのまんまカルチョッフィ丼。
イタリアのマンマの又聞きレシピだよ。
a0128830_21401674.jpg

↑こちらはイタリア産のカルチョッフィ。
下のは「カルチオッフィ・ロマーノ」という
マフィアのボスみたいな名前がついておる。かっけえな。

丸くって締まりが良さそうで
渚が好きそう!


と写真を送ってくれたのでした。

うんうん!
[PR]
by kobayashiyumio | 2014-06-05 21:49 | 日々 | Comments(6)
Commented by ルル at 2014-06-06 11:20 x
アーティーチョークにそんな別名があるとは知りませんでした。
しかも、こんなに食べるのにめんど…大変なものとも笑
Commented by kobayashiyumio at 2014-06-08 11:35
ルルさま

こんにちわ!
「カルチョッフィ」とはイタリア名だそうですヨ。
友人とのやりとりでずっと「カルチョッフィ」だったので
私のなかではもうコレです。笑

そして食べるのには、ほんと手間がかかるコです。
慣れちゃえばなんてことないんですが、馴染みがないだけに...。
でもめっちゃくちゃ美味しかったので
ぜひぜひ食べてほしいです☆
Commented by lomi at 2014-06-10 23:08 x
ユミヲさま♪
今回も楽しませていただきました。
カルチョッフィ、調理したことはありません!すごい食材とりあげましたね!自分で調理して食べてみたい!と熱く想いました。
三浦、いってみようかしら?神奈川在住ですが相模原なので1時間ちょい車とばしたらいけるな。
余談ですが過去作品集読みました。
チューヤンのでっかい宝物なんですというセリフに泣けました。
ユミヲさんの作品全部読んでみたいです。
路地裏ネオンも読んでみたいのですが本としてはないのですか?
ざがしてみたのですがでてこず涙。

梅雨です。気圧の変化で体調を崩しやすい季節です。
足下冷やさないようどうか元気いっぱいでありますように。
次回も、いずれでる9巻も楽しみにわくわくしております。
Commented by kobayashiyumio at 2014-06-14 10:48
lomiさま

こんにちわ!最新話お読み頂きありがとうございます〜!!
カルチョッフィ...こればかりは食べ慣れた友人の協力無しには
立ち向かえませんでした。
相模原ならぴゅーと車でいけそうですね。ぜひぜひ!
おすすめです三浦野菜。秋冬などは黒大根などいろんな
野菜が並んで楽しいみたいです。

ところで『01』!お手に取っていただきありがとうございます〜!
うっわーうれしいいいい!まじでうれしい!
拙いですがほんと大事な作品ばかりなのです。
チューヤンも...嗚呼懐かしい。
「路地裏ねおん」はまだコミックスになってはおりませなんだ...。
ほとぼりが冷めたらなるかも..です。
雪平先生がでてきます。

おっしゃるように、この時期蒸し暑いのに足の先は冷えますね。
体調に気をつけてがんばります!
lomiさんも風邪などにお気をつけて...。
9巻もがんばります!
Commented by ぺる at 2014-06-16 18:07 x
現在ドイツに住んでいます。スーパーでカルチョッフィ並んでます。3ユーロもしますが。。。食べてみたい。。。
Commented by kobayashiyumio at 2014-06-18 23:44
べるさま

こんばんわ小林ユミヲです。
ドイツにお住まいですか!
うわあ、うらやましいです。ビールが美味しそうです!

カルチョッフィ、3ユーロもするんですね。
日本産のも普通サイズでいっこ350〜400円。
特大のもので600円でした。
海外だから安いというわけではないのですね。
でも、ぜひぜひ食してみてください!
本当に美味しかったです☆
<< 54話レシピ『カルチョッフィ丼』 『にがくてあまい』最新話54話です >>